ようこそ! 「低体温の改善:健康ポータルサイト」へ
ポータルトップ >  低体温がもたらす病気  > 低体温と関連の深い癌


低体温と関連の深い癌

基礎体温が35度台、もしくは34度台まで下がる低体温は、体の芯が低温の状態であるため、内臓までも冷やすことで機能を低下させています。
多くの病気は、体温の低いところから発症すると言われており、実際に寒いところにいると風邪をひきやすくなります。

低体温になると病気が多くなる原因には、免疫力が関係しています。
免疫力というのは、体温の高いところは優れており、逆に体温が低くなると正常に機能しなくなります。

免疫機能の低下により発生する最も怖い病気は癌だと言われています。
癌になりやすい人は、体温が35度台の人で、実際に通常の人よりも感染症にかかるリスクが高い状態にあります。

このような低体温のデメリットには、自覚症状がほとんどないことが挙げられます。
冷え性の場合は、手足が冷たくなるので判断しやすいのですが、体の内部が冷える状態は、なかなか気づくことが難しいのです。

確実性の高い判断としては、実際に体温を測ってみることです。体温を測るときは、朝一番の基礎体温をデータにしましょう。
ここで36度以上を保てるようにし、夕方の測定値との差が0.5度以上あることが理想です。

体温が低くなると多くの悪影響があり、感染症にかかりやすくなったり、ダイエットしても痩せなかったり、生理不順になった場合などは、要注意と考えましょう。

低体温の状態が継続すると、将来の重大疾患につながるリスクが高まりますので、なるべく若いうちからの対策が必要です。